個人で直す

故障の原因を切り分ける

外付けhddに不具合が生じた時、業者へ連絡する前に自身で確認出来る事があります。完全に壊れたと判断出来るまで業者に頼る事は保留すべきです。なぜなら修理業者へ故障品を送り問題点が見つからなかった場合、外付けhddではなくパソコン側のトラブルだと考えられます。故障品と決め付ける事で発覚が遅れてしまうのです。 パソコンにインストールされたドライバが不具合を起こしている場合、ドライバを再インストールする事で解決します。またパソコンのUSBコネクタが不具合を生じている場合もあるため、別口のUSBコネクタに外付けhddを接続してみるべきです。簡単な作業であるため初心者でも可能な作業と言えます。わずかな努力で解決出来れば時間の節約に繋がるのです。

規格の変換ケーブルを用いる

前述したのは簡単な検証手段ですが、市販されているアイテムを使う事で別の対応が出来ます。 外付けhddを構成している部品は、hdd本体とUSB変換ブリッジと呼ばれる機械です。hdd本体が故障している場合は交換するしか手段がありません。しかしUSB変換ブリッジの不具合であれば、特殊な道具を使う事で保存されているデータに触れられます。 それは市販されているUSB変換コネクタです。hddの規格はIDEやSATAと呼ばれているもので、マザーボード以外に接続出来ません。しかしUSB変換コネクタを使えば、外付けhddに内臓されている記憶媒体をUSB接続出来るのです。通常はUSB変換ブリッジが担当している通訳を、変換ケーブルで解決出来ます。

Copyright© 2015 nasを利用して快適な回線ライフを手に入れよう All Rights Reserved.

Design by  W3Layouts