原因を把握

修理業者へ連絡する前に確認すべき点

パソコンが異常動作をすると、すぐに修理業者へ連絡する人がいます。そして疑わしい部品をすぐに郵送してしまうのです。このやり方には問題点があります。原因を認識しないで対応している点です。 例えば外付けhddの故障が疑われた時、必ずしも機械の故障とは限りません。外付けhddはUSBポートに挿入して使うため、パソコンのケーブルの挿入口に原因がある可能性があります。これは関係ない機器をUSBポートに挿入するだけですぐに分かる事です。 何も考えないで復旧しようとすると、余計な作業が増える可能性があります。前述した外付けhddの例もそれに該当します。パソコンの知識に自信がなくても、修理業者の指示を仰げば問題の判別はある程度可能です。

修理業者のサービスについて

修理業者に郵送した部品は確認された上で交換されます。原因を切り分けたとはいえ確実性を考えるならチェックすべきだという事です。そして問題を確認したら復旧を望むユーザーに見積もりを提出します。そして返答に添った形で対応をするのが、彼らの提供する修理サービスです。 しかし最近のサービスは交換作業に限定されなくなりました。例えば外付けhddが壊れると復旧するために新品へ交換する事を勧められます。それに応じれば正常動作をするようになりますが、保存していたデータが失われてしまうのです。 データが消えてしまっては復旧したとは言えません。そこで外付けhddやその他の記憶媒体に対して、データ復旧を約束するサービスを始めました。

Copyright© 2015 nasを利用して快適な回線ライフを手に入れよう All Rights Reserved.

Design by  W3Layouts